陶芸体験、ろくろ体験なら巧工房へ

佐賀で陶芸教室をお探しなら|巧工房

様々な器の形

陶芸教室に参加して、自分好みの器を作りたいと思われている方は多くいらっしゃいます。しかし、器には様々な形や種類が存在します。代表的な器の形を覚えておくと、より理想通りの器を作れるでしょう。

椀形(わんなり)

日本の家庭で一番馴染み深い器であるご飯茶碗や、茶道の際に使われる抹茶碗などに多く見られる形を椀形と言います。サイズは違いますが、丼ぶりや小鉢なども椀形に当てはまり、和食器を代表する器の形と言っても過言ではありません。器と言えば、この形をイメージする方も多いでしょう。持ちやすい形はもちろん、深みがあって具材や汁物が中心に集まるので、盛り付けしやすいというメリットがあります。

片口(かたくち)

左側に注ぎ口が作られている器の形を、片口と言います。元々は、樽に入っている醤油や酒を小さな容器に移し替える際に使われていた台所用品の1つでした。しかし、その独特な形を気に入った茶人が懐石料理で香の物などを入れるようになり、器として使われるようになったのです。

輪花(りんか)

縁部分に規則的に切り込みを入れたり、くぼみをつけたりして花に見立てた形の器の事を輪花と言います。菊や梅のデザインがよく使われ、華やかさを演出してくれる器です。似たような器に「稜花(りょうか)」がありますが、稜花に比べて尖っている部分がない、または少ないのが輪花の特徴です。

割山椒(わりざんしょう)

山椒の実が割れたようなユニークな形をしている器を、割山椒と言います。基本的には三つに割れた形をしており、おひたしなどの少量の料理を盛り付けるのに適しています。片口同様、懐石料理の向付などにもよく使われています。

当工房は佐賀県武雄市にて、陶芸教室を行っています。佐賀県はもちろん、福岡博多長崎県・熊本県など様々な地域からご利用頂いています。九州の観光ルートに位置しているため、旅行の際に陶芸教室を体験する事も可能です。また、「陶芸に興味があるけど近くに陶芸教室がない」という方のために、陶芸体験教室の全国出張のご依頼も承っていますので、お気軽にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください TEL 090-1163-3420 受付時間:10:00〜17:30(旅行等の過密スケジュールの方はAM9:00から可)

PAGETOP
Copyright © 巧工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.